製品の形状・素材によって様々な成形方法があります。
当社では主に液状シリコーンを材料とするLIM型を得意としています。
他にもインジェクション型、トランスファー型、コンプレッション型、2色成形型など様々な成形方法に対応可能です。自動化に向けた周辺関連機器及び治具取出装置も、お客様の多種多様なニーズに合わせて設計、製作致します。

LIM成形

LIMとはLiquid Injection Moldingの略で、液状の原料(一般に2液性)を一定の比率で混合し、高温の金型に射出成型して加熱硬化させる成形方法。

特徴① 生産性の向上

液状シリコーンゴム(LSR)は硬化時間が通常のミラブルゴムより3~8倍の速さで硬化するため、工程の短縮化が図れる。

特徴② 作業性の向上

材料はドラム缶又はペール缶で供給され成形工程が全てクローズされているため、異物混入が極めて低く、品質も安全で、無人自動成形生産も可能となる。

特徴③ 環境配慮

ノーバリ、ランナーレス成形によって廃材の処理が不要となり環境に配慮した製造が可能。架橋時、有害ガスを発生しない為、作業環境も良好。

LIM成形 LIM成形 動画

LIM成形の様子を動画にて公開しています。

LIM成形 4点・8点ゲート用 射出コントローラー

射出コントローラーはゲートの開閉タイミングを任意に設定可能。

LIM成形 ゲート駆動用エアー バルブユニット

射出コントローラーからの信号によりエアーバルブが作動。

LIM成形 コールドシャットオフノズル

LIM成形時、LIM材料を型内に注入する為の部品。

インジェクション成形

金型を閉めた状態で材料を注入し、架橋させる成形法。
ショット数が大幅にUPする為、製品の大量生産に適している。

トランスファー成形

ゴム材料を注入口から流し込みプレスして成形する方法。(直圧成形とも言う。)
金型を閉じた状態で材料を圧入する為、寸法精度に優れる。
しかし、ポット部分とライナー部分の材料ロスが発生してしまう。

コンプレッション成形

固形のゴム材料をプレスして成形する方法。(圧縮成形とも言う。)
基本的には喰切りを設けてバリを仕上げる事となる。

2色成形

材料の異なる製品をそれぞれ成形し、1台の射出成型機にて1体の製品を作る方法。
その為、金型は2種類製作が必要となる。インサート成形とは異なる。
一次側で成形し、出来上がった製品はそのまま二次側へ反転させて成形する。

治具

お客様からの依頼製品に合わせて、取出し方法を考え、弊社独自の治具を製作致します。
[製作例]突出し治具、取出し治具、仕込み治具、引き抜き治具、脱型治具、抜き治具

治具 製品突き出し冶具

治具 飛散防止冶具